秋田県・山形県:鳥海山の山体崩壊と岩屑なだれ
 (日本の地質百選:鳥海山)
地形の特徴

・火山地形,山体崩壊,岩屑なだれ,流れ山,堰止湖

地形の三次元イメージ : 岩屑なだれと流れ山

「鳥海山」は,「東鳥海山」と「西鳥海山」の複合火山です。
新生代第四紀完新世(約2.5千年前)に,東鳥海山が山体崩壊を起こしたことにより,山頂直下の「馬蹄形カルデラ」が形成されました。
崩壊によって「象潟岩屑なだれ」が発生し,現在の白雪川沿いに芦田岬まで達しました。
岩屑なだれは途中で分流し,上図に記載されている「大潟溜池」など,大小の「堰止湖」を形成しました。
地形の三次元イメージ : 鳥海山北面の地質状況
‼マウスオーバー‼  地図上にマウスを乗せてください。産総研・地質調査総合センターの「1/20万 シームレス地質図(出典,下記)」を表示します。

「象潟岩石なだれ」によって形成された「流れ山」群です。 その範囲は,にかほ市の「平沢漁港」~「白雪川・芦田岬」~「金浦漁港」に及びます。
「白雪川」は,岩屑なだれの跡に沿って流れているのかもしれません。
地形の三次元イメージ : 鳥海山(四方向の斜面)

(左)西麓: 第Ⅱステージである「西鳥海山」一帯で,噴火口は「鳥海湖」を囲む山稜(例,笙ガ岳)です。
(右)南麓: 標高の低いところ(一部)には,第Ⅰステージの溶岩が存在します。。

(左)東麓: 正面は西鳥海火山時代の「法体溶岩流」です。
(右)北麓: 東鳥海火山の噴出物は現在の山頂部付近のみですが,巨大な山体崩壊と岩屑なだれは北麓斜面に集中しています。
地形の三次元イメージ : 主な溶岩流と巨大侵食谷
  (左)第Ⅱステージの最終段階に,「鍋森噴火口」から噴出した溶岩の流れた跡です。 すでに,巨大な侵食谷ができていたことがわかります。
(左中)「猿穴」と呼ばれる側火口と,溶岩の流れた跡です。 噴火は,約3千年前と推定されています。
(右中)第Ⅱステージの中頃,西鳥海火山から流れ出た「法体溶岩(安山岩)」の流れた跡です。
(右)第Ⅰステージの火山噴出物が侵食されてできた巨大な侵食谷です。 まもなく?,東鳥海山の馬蹄形カルデラに達します。
【現場写真】 鳥海山遠景

(上)山頂直下は,山体崩壊による「岩屑なだれ」が通り過ぎた跡地です。 日本海に達して「象潟】を形成しました。
(下)新庄発秋田行きの各駅停車が真室川駅を出て,20分~30分のあたりです。 車窓遠く,鳥海山を眺めることができます。
【記事,引用情報と参考情報】

【記事】
 ・日本の地質百選名は,「鳥海山」です。
 ・第Ⅲステージ(東鳥海火山): 約1万年前~。
 ・第Ⅱステージ(西鳥海火山):約16万年前~約1万年前。
 ・第Ⅰステージ(古期鳥海火山): 約60万年前~約16万年前。

【引用情報】
 ・国土地理院 > 地理院タイル(地形図,5m・10mDEM)  国土地理院利用規約
 ・産業技術総合研究所・地質調査総合センター > 20万分の1 シームレス地質図

【参考情報】
 ・参考図書:そしえて文庫84,地図の風景 東北Ⅱ 山形・秋田・青森,pp.72-77.,pp.84-89.,そしえて刊,1981年12月10日
 ・産業技術総合研究所・地質調査総合センター > 詳細火山データ集・鳥海山
 ・日本の地質案内 > 二つの溶岩堤防
 ・日本の地形千景+α > 古象潟湖(復元イメージ)

【お断り】
 ・本サイトの概要については ここをクリックしてください