秋田県:古象潟湖(復元イメージ)
地形の特徴

・流れ山,岩石なだれ,山体崩壊,鳥海山,隆起

地形の三次元イメージ : 地震隆起前の古象潟湖(イメージ)と現在の象潟

新生代第四紀完新世(約2.5千年前)に,(東)鳥海山が火山活動に伴う山体崩壊を起こした結果,「象潟岩屑なだれ」が発生しました。
大部分は,「白雪川」沿いに流下しましたが,一部は「古象潟湖」にも達して,後に「九十九島」と言われる無数の小さな島を作りました。

1804年7月10日(文化元年6月4日)に発生した「象潟地震」によって,古象潟湖では約2mの隆起があった,と古文書にあります。
これにより,湖の大部分が干上がり,一部は湿地帯となったと思われます。
地形の三次元イメージ : 地震隆起前の古象潟湖(イメージ)と現在の象潟

松尾芭蕉がおとずれた「蚶満寺」は,古象潟湖の湖畔に建立されたことがわかります。
湖面に浮かぶ九十九島を眺められる,絶好のポイントであったと想像します。

「大塩越」のあたりは,陸地(砂丘)であったことがわかっているので,海岸に点在する「流れ山」は「古象潟湖」を超えて到達したことになります。
【記事・参考情報など】

【参考情報】
 ・秋田大学 > 平成28年度秋田大学教育文化学部技術部技術研修巡検資料
 ・日本の地形千景+α > 鳥海山の山体崩壊と岩屑なだれ

【お断り】
 ・本サイトの概要については ここをクリックしてください