膨大な時間の経過を知る 類型:人間
  双子岩(ふたごいわ) 秋田県男鹿市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 双子岩は、その名のとおり、よく似た岩が二つ並んでいます。 専門的には岩脈や岩床と呼ばれるこの岩の種類は粗粒玄武岩で、その噴出した年代はおよそ2000万年前です。 
 周囲の火山礫凝灰岩が堆積してから1000万年後に地下から新たに上昇した玄武岩質のマグマが、その中に入り込んだことになります。 膨大な時間を経ても今なお地層として残されている記録から、地球の営みのスケールの大きさを感じることができます。
 双子岩は、また地学教育に有用な貴重な岩です。 この岩には岩脈と岩床というマグマの通り道を1カ所で観察することができる男鹿半島唯一の場所です。 その為、「目で見る」ことに加え、ガイドの話を通して「当時の火山活動の様子を頭で見る」ことを楽しむことができるポイントです。
2.地形・地質の概要
 双子岩がある潮瀬崎には火山礫凝灰岩と呼ばれる、約3000万年前の火山噴出物が分布します。 本岩石はマグマ水蒸気爆発に伴う火砕サージによって堆積し、高温・高速の爆風によって吹き飛ばされて堆積したものです。
 双子岩では、火山礫凝灰岩に貫入した岩脈や岩床を観察することができます。 岩脈とは、地下から上がってきたマグマがもともとあった岩層を高角度で貫いて地表には噴出せずに固まったものを言います。 これに対して、水平に低い角度で貫入しているものは岩床と呼ばれます。 双子岩は岩脈と岩床の両方を同時に観察できるとても珍しい場所なのです。
3.周辺のジオサイトや観光地
男鹿半島・大潟ジオパーク
 この奇岩は、男鹿半島・大潟ジオパークの「潮瀬崎ジオサイト」を構成するジオポイントの一つです。
 このジオサイトには奇岩が多いことで知られ、双子岩の他にも本家「ゴジラ岩」、「ゴジラの尻尾岩(ごじらのしっぽいわ)」、「ガメラ岩」と「帆掛島(ほかけじま)」の4奇岩を加えた合計5奇岩が「日本の奇岩百景+」に登録されています。
☆観光地
 赤神神社五社堂:ナマハゲ伝説の残る重要文化財
 なまはげ立像:高さ9.99m
 鵜ノ崎海岸:日本の渚百選、奇岩「小豆岩」など
 館山崎:奇岩「グリーンタフ」、「ろうそく岩」など
4.交通
☆公共交通
 鉄道: JR男鹿線の「男鹿駅」下車。 秋田中央交通バス「男鹿南線」に乗車し、「帆掛島」で下車。 乗車時間は約25分です。 バス停からは徒歩約10分です。 すぐ先には有名な「ゴジラ岩」があります。
☆自動車
 男鹿総合観光案内所から、県道59号を門前方向へ約40分の所にあります。
☆GUPI職員による「男鹿半島・大潟ジオパーク巡検記」も併せてどうぞ。

双子岩 遠景。 (向かって左の大岩)

双子岩 近景。 左に 帆掛島 が。
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powerd by GUPI & Lightbox Plus