広島県:上根峠で起きた根谷川と簸川の河川争奪
地形の特徴

・河川争奪根谷川,簸川

案内図用三次元イメージ : 旧簸川流域

広島デルタ(三角州)を形成した「太田川」をの上流である「根谷川」は,比較的川幅が狭く直線状の「V字谷」を形成していますが,
「上根峠」の絶壁でその進撃が停止し,本流は西からの流れとなってしまいます。
上根峠を超すと,「江の川水系」の「簸川」へと変わり,この峠が瀬戸内海と日本海の分水嶺になります。
しかし,簸川の源頭部は水の流れが無いにもかかわらず,幅500m近くの谷底平野(埋積谷)を持っていて,
この大量の土砂が一体どこから削りだされたのかが,極めて大きな疑問だったのです。
河川争奪前後図(想像)
  • 河川争奪前,現在「根谷川」支流の「入甲川」と,「上根峠」から上流の「根谷川」は,いずれも「簸川」の上流でした。
    「谷底平野」が発達しているので,川幅が広く河床勾配の緩い,穏やかな流れであったろうと,想像します。
  • 中国山地が隆起したため,「根谷川」の前面傾斜が増大し,結果的に「谷頭侵食力」が増しました。根谷川の谷頭が前進して,「入甲川」の流路に達すると,まず「それを取り込みました」。
    更に,谷頭は水量の無くなった「旧簸川」を下刻しながら前進し,ついに「上根峠」に達して,簸川の全ての上流部を奪ってしまいました。
  • 水量の増した根谷川の谷頭は,更に前進と下刻を行い,上根峠前後の深い「V字谷」を形成したのです。
地形の三次元イメージ : 上根峠と簸川谷底平野

入甲川と根谷川最上流部で,旧簸川の段丘面が存在すること,現簸川の河床堆積物が入甲川と根谷川流域産であること,などが河川争奪の歴史を物語っています。
【記事・参考情報など】

【記事】
 ・この地形が,日本における「河川争奪地形」の確定第1号と言われています。確かに,争奪の歴史がわかりやすい地形です。

【参考情報・引用情報】
 ・参考図書:日本の地形レッドデータブック 第1集 新装版 -危機にある地形-,p.166,古今書院刊,2000年12月8日
 ・参考図書:そしえて文庫95,地図の風景 中国Ⅰ 広島・広島,pp.71-75.,そしえて刊,1981年5月20日
 ・国土交通省・中国地方整備局・太田川河川事務所 > 上根峠の河川争奪

【お断り】
 ・本サイトの概要については ここをクリックしてください