電子納品支援,二次利用支援システム
ホーム
 
各処理の概要
システム名称 主 な 機 能 使用マニュアル
位置座標値の読取りと確認処理(スマートフォン,タブレット)
           
・GPS測定した座標値を表示すると共に,地図上にマーキングする機能があります。
・GPS測定は,ボタンをタップする都度のモードと,一定時間間隔に自動測定するモードがあります。
・産総研「シームレス地質図」や国土地理院「標高段彩図」など7種類の地図タイルを閲覧できます。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
位置座標値の読取りと確認処理(パソコン) ・中心点の座標値・メッシュコード,推定標高値,推定住所を表示する機能があります。
・指定した経緯度と住所に移動し,マーキングする機能があります。
・産総研「シームレス地質図」や国土地理院「標高段彩図」など8種類の地図タイルを閲覧できます。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
地質・土質成果とボーリング交換用データの位置座標を確認する処理 ・業務管理ファイル(INDEX_D.XML)の登録情報の表示機能と,地図上に境界枠を表示します。
・ボーリングデータの主な表題情報等の表示機能と,地図上にすべての掘削位置を表示します。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
ボーリング交換用データの位置座標の測地系を変換する処理 ・ボーリングデータの旧測地系値を新測地系に変換し,地図上での新旧の掘削位置を表示します。     ../denshi-nohin/denshi-nohin
ボーリング交換用データの位置座標から標高と住所を評価する処理 ・ボーリング交換用データに記載されている座標値を電子地図にプロットします。
・国土地理院からは最新の標高値を,GoogleAPIを経由してゼンリンデータベースからは,最新の住所を
 入手して,交換用データに記載されている各値と共に表示します。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
「原位置試験データ」と「土質試験データ」から試験値を抽出する処理 ・ボーリングデータに登録されている全ての情報を抽出してCSVファイルに変換します。
・土質試験結果一覧表データに登録されている全ての情報を抽出してCSVファイルに変換します。
 ※地層別(平均)N値や地盤パラメータを集約する際に利用すると便利です。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
  テンプレート(EXCEL)
土質試験データシート(XML)を一覧表形式で表示する処理 ・土質試験結果一覧表データを「土質試験結果一覧表」として可視化します。
・新旧のデータ形式(STLIST.XML,STBnnnn.XML)に対応しています。
DTD400 に対応しました。
    ../denshi-nohin/denshi-nohin
お断り メタデータの抽出処理は,個人用ボーリングデータ管理システム に移行しました。