「鞍状脈」の版間の差分

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索
(ページの作成:「saddle vein == 解説 == 層状鉱脈の一種で、背斜頂部の隙間に形成された鉱脈。 コンピテント層とインコンピテント層が互...」)
 
8行目: 8行目:
  
 
[[Category:あ行]]
 
[[Category:あ行]]
 +
a

2015年8月22日 (土) 02:55時点における版

saddle vein

解説

層状鉱脈の一種で、背斜頂部の隙間に形成された鉱脈。 コンピテント層とインコンピテント層が互層した層が褶曲した頂上部分に、石英で充填されることが多い鞍部(saddle)は地背斜の頂部ではよく見られるもので、断面では石英が褶曲を覆っていていわば鞍のように見えることからの命名。 オーストラリア・ヴィクトリア州のベンディゴ(Bendigo)の含金鉱床は有名な事例である。

引用文献

Bateman : 1952,地学団体研究会 : 1996. a