「海溝外縁隆起帯」の版間の差分

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索
(ページの作成:「trench outer ridge == 解説 == # 島弧-海溝間に発達する前弧海盆前面(海溝側)では、前弧海盆を埋積する新規堆積層に対して相...」)
 
10行目: 10行目:
  
 
[[Category:か行]]
 
[[Category:か行]]
 +
q

2015年8月22日 (土) 03:36時点における版

trench outer ridge

解説

  1. 島弧-海溝間に発達する前弧海盆前面(海溝側)では、前弧海盆を埋積する新規堆積層に対して相対的に古い地層が埋積層をせき止めるように隆起するゾーンがしばしば帯状に発達するのをいう。 小規模な塩基性~中性火成活動を伴うこともある。 大洋プレートの沈み込みに伴う圧縮応力の影響により、海溝での沈降と島弧の隆起に起因する複雑なテクトニクスを反映して多様である。
  2. (1’) 海溝周縁隆起帯と同義。 海溝から大洋底への移行部のこと。

引用文献

q