洗い出し

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
2015年8月22日 (土) 03:34時点におけるKero (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

(再移動・リーワーキング)reworking

解説

  1. 定置した堆積物(とくに礫などの粗粒堆積物や古生物遺骸)が、その後浸食されて(海底浸食)移動し再堆積する過程。  暴風時の堆積作用やチャネルの側方移動に伴う浸食などに起因する。 「洗掘 scouring」は、洗い出しを起こす作用そのものをいう。
  2. たたきや壁などで、表面が乾かないうちに水洗いして、小石を浮き出させたもの。
  3. 板の表面をこすり、洗って木目(もくめ)を浮き出させたもの。
  4. 煉瓦や石の壁の表面を漆喰やモルタルで塗らないで生地のままにしておくこと。
  5. 調べて、表面に現れていない事柄を明らかにすること。 例:「問題点の洗い出し」

引用文献