シュードタキライト

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
2015年8月24日 (月) 12:08時点におけるNakada (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「pseudotachylite == 解説 == 断層運動やせん断帯形成に際して既存岩石が破砕されたり塑性変形を受け(動力変成作用)、できたものを...」)

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

pseudotachylite

解説

断層運動やせん断帯形成に際して既存岩石が破砕されたり塑性変形を受け(動力変成作用)、できたものを断層岩と呼ぶが、その中で断層運動時の摩擦熱で局所的に高温となり岩石が融解する過程で形成した脈状岩石をいう。 後退変成作用や変質を受けることが多い。

引用文献