重力断層

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

gravity fault

解説

一般に正断層において最大圧縮主応力軸は岩石の自荷重圧の方向であり、造構応力は自荷重圧を減らす方向に作用する。地表部が水平方向に伸張した結果、その一部が自己の重みでずり落ちたと考えられる場合の正断層をいう。 重力断層が地表に現れた本質的な形態は地溝 grabenである。

引用文献