提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

system

解説

  1. 系とは何らかの原則に基づく実績のこと。 または実績に共通する事実から導き出される何らかの原則のこと。
  2. システム 。 相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。
  3. 自然科学においては、宇宙(または世界)の一部のうち、考察の対象として注目している部分。観測や解析を単純化するため、周囲の環境とは切り離して考えた部分空間のこと。分野や考察の内容に応じて力学系、生態系、太陽系、実験系などというように用いられる。
  4. 生物学においては、ある特定の機能に関係する器官の総称(消化器系など)。
  5. 数学においては、同時に成立する関係性の組(代数系、方程式系など)。
  6. 地質学においては、通常の公式の年代層序体系の単元で、統より高次で界より低次の単元。
  7. 鉄道車両の単一形式を、運用上の都合や便宜的な目的によってグループ分けしたもの。
  8. 若者言葉、流行語の一つ。
    1. 外見・ファッションなどの傾向を表す接辞(お姉系など)。
    2. 個人の特徴や性格を表す。「キャラ」とほぼ同義(オラオラ系など)。
    3. 「そろそろ帰る系かな」
      のように、特に意味は無いが断定を避けて曖昧さを匂わせ人間関係をスムースにするために使用される。

引用文献