気候変動説

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

The climate change hypothesis

解説

第四紀更新世末に世界各地で大型哺乳類が大量に死滅した原因として有力なのが大別して主に人類活動に原因を求める説と気候変動説である。 およそ1万年前は、後期更新世の最終氷期から完新世の間氷期へと史上類を見ないほど気候が急激に変動した時期である。 しかも間氷期に入る直前に猛烈な気温の低下が起こったという(当時の極端な寒冷化は,急速に氷床が縮小し,融解水が一気に海洋に流入した結果,深層水循環が断たれたためだと言われる)。  更新世の末には、北半球の各地が砂漠へと化した。実際に北米と南米ではこの頃に大規模絶滅が起こっているし、オーストラリア(1万6000年前)とヨーロッパ(1万4000年前)における絶滅時期も、最終氷期の終盤であり、現生人類が進出してからずっと後のことである。

過剰殺戮説

引用文献