塩水くさび

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

salt-water wedge

解説

河川や帯水層中に海水が遡上し、基底部付近に比重が高く塩分濃度の高い海水層をつくる現象。 断面でみると、河川の淡水下に海水が潜り込み、くさびが打ち込まれたような形状になる。 干潮時や降雨後には小さく、満潮時には大きくなる。 急流で河口が狭い河川ではあまり大きくならないが、勾配が緩く河口が広い河川では長大な層を形成する。 海岸付近の地下水の帯水層中の塩水くさびは、帯水層の地下水の海への流出ポテンシャルと、海水の帯水層への流入ポテンシャルのバランスにより、その範囲が決まる。

引用文献