亜結晶

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

subgrain

解説

再結晶を伴わない結晶の「焼きなまし」(変形した岩石が高温に保たれている間に回復する過程で、静的な再結晶作用を含み、新しい歪みのない結晶粒が形成される)過程で、転位の再配列により作られる安定な転位網を亜粒界(subgrain boundary)といい、亜粒界に囲まれた部分を亜結晶粒と呼ぶ。
もとの結晶粒に対して方位が数度異なるので、光学顕微鏡で親結晶とわずかに異なった消光方位によって見分けることができるが、明瞭な境界を欠いている。


引用文献