ベッドフォーム

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

bed forms

解説

移動する砕屑性粒子が河床や海底面などの流路底に形作る形態で、これが移動・累重することにより地層断面で観察される堆積構造が形成される。 流速、堆積物粒度や水深などと関係し、さまざまな規模のリップル(砂漣 ripples、平滑床plane beds、デューンdunes、アンチデューンantidunesなどがある(Fritz and Moore、1988、 Harms et al.、1989、 Ashley、 et al.、1990参照)。

引用文献

  1. Ashley,G.M.,Chairperson et al.(1990)“Classifician of large-scale subaqueous bedforms:a new look at an old problem” J.Sed.Petrol,60,pp.160-172.
  2. Fritz,W.J. and Moore,J.N.(1988)“Basics of Physical Stratigraphy and Sedimentology” John Wiley & Sons Inc.,371p.
  3. Harms,J.C., Southard,J.B. and Walker,R.G.(1989) “Structures and Sequences in Clastic Rocks” SEPM Short Course,9,pp.8-51.