バックリムスラスト

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

back-limb thrust

解説

水平方向の広域圧縮応力場で、層面に沿ってスラストが発達し、その上盤側に分岐的にシンセティックに発達し、さらに後退的に(主断層から離れる方向に)次々に生じていくスラスト。

アンティセティックに発達するバックスラストback thrustとは意味が異なるから注意。

アンチセティック断層

引用文献

  1. Badgley,P.C.(1965)“Structural and Tectonic Principles”Harper & Row,pp.189-191.
  2. Douglas,R.J.W.(1950)“Callum Creek, Langford Creek and Gap Map-Areas, Alberta, Geol. Surv. Can. mem.,p.255.