アフィン変換

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

affine transformation

解説

幾何学用語。 ある図形を回転させたり引き延ばしたりする変換のことで、具体的には、平行移動と線形変換(変換前に直線だった場所は、変換後も直線のまま保たれる)を組み合わせた変換。 アフィン変形は、微小要素体の変形が物体全体の変形と相似であるような変形、言い換えれば微小要素体で測定された大きさや形の変化率が全体のそれと等しいような変形である。 そうでないものは不均一またはノン・アフィン変形 (inhomogeneous/non-affine defoemation)という。 褶曲はアフィン変形である(垣見・加藤,1994参照)。

引用文献