アナテクシス

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

anatexis

解説

古くは、ゼーダーホルム Sederholm (1907)によって既存の岩石が部分的に再熔融する過程を称したが、今日では異なる意味も含まれる。 一般に堆積岩などの地殻物質が地殻下部で温度上昇やH2Oの存在によって部分的あるいは広範囲に溶融し、形成された液が集合してマグマとなる(一種の超変成作用)をいう。 岩石は一定圧力で温度が上昇するか、または一定温度で圧力が下がると一部または不完全に溶融する。 典型的なアナテクシスは、地殻から花崗岩の溶融体が発生する場合や、マントル橄欖岩の部分熔融で玄武岩が発生する場合である。

引用文献