アセノスフェア

提供: Geo Wiki(よくわかり面白いGUPI地学用語解説集)
移動: 案内検索

(岩流圏)asthenosphere

解説

古典的なプレートテクトニクスで、地表からの深さ約50㎞から250㎞程度のマントル上部層をいい、地震波が相対的に低速になるので、比較的可塑性(流動性)があると考えられており、その上位のリソスフェア(岩石圏)いわゆるプレートの大規模な変動にとって重要である。

引用文献