糸数壕(糸数アブチラガマ)  南城市玉城糸数
記録写真 2008年9月

病棟として使用されていたと思われるくぼみ。 火炎放射機は使用されていない,とのことですが,煤で真っ黒です

武器庫として使用されていた付近。

井戸。 波紋があるので,現在も水が溜まっています。

竈(かまど)です。 日本軍や民間人は,戦争中でも「米を炊く」という食習慣から脱却できず,壕の中では煙で大変だったろうと思います。
しかし,それよりも「火を使う」ことによって煙が米軍に見つかるため,近くまで侵攻された時は食事もままならなかったように思います。

「食料・衣服倉庫」が置かれていたそうですが,煤で真っ黒です。
付近の住民204名が避難し,その内47名が壕内で死亡したそうです(軍人は含まず)。
記 事

 南城市観光総合センター発行の入壕券からの引用(一部に加筆・訂正):

 『アブチラガマは、沖縄本島南部の南城市玉城字糸数にある自然壕(ガマ)です。
  沖縄戦では,住民の避難,陣地,のちに南風原陸軍病院の分室と利用されました。
  米軍の攻撃などにより死傷者が出ましたが,このガマのおかげで生き延びた人たちがいることも,忘れてはならない事実です。
  現在,平和学習と追体験の場として,多くの人たちが訪れています。』

 本壕は、南城市南部観光総合案内センター(098-852-6608)が管理しており、予約をすればガイド付きで入壕できます(料金は大人250円)

 修学旅行(高等学校)の平和教育受け入れ壕です。

関連情報
① 「糸数アブチラガマ(糸数壕)」,玉城村糸数アブチラガマ整備委員会編・発行,沖縄県玉城村,平成7年3月
② 「糸数アブチラガマ」,沖縄の戦跡ブック『ガマ』,pp.81-pp.82,沖縄県高教組教育資料センター編集,2009年,ISBN978-4-903042-16-9
③ 「糸数アブチラガマ」,沖縄の戦争遺跡,pp.38-pp.39,沖縄県平和祈念資料館編集,2007年,ISBN978-4-903042-14-5
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)