安次嶺金満御嶽地下の壕(護部隊六分隊・整備科)No.61 那覇市宇栄原2丁目(小禄中学校)
記録写真  撮影:2008年2月~2016年4月

出典 『1フィート運動10周年記念誌』,p.171,沖縄戦記録フイルム一フィート運動の会,1993年12月8日。

上図で「火炎放射の跡」と記載された坑口。  2008年2月撮影。

南側の坑口。 鉄製の柵が設置されていますが,錆が廻っているので,かなり古い時代に設置されたものでしょう。 2008年3月撮影。

「火炎放射の跡」と記載された坑口からの内部。 撮影:2009年7月。
記 事

 小禄中学校の校庭には北側のNo.60壕,南側のNo.61壕とNo.64壕の3つが存在しました。 地形図と照合すると,上図の「土砂多し」や「ドアの跡」とある入り口は,No.64壕の可能性 があります。

 No.61壕も,真玉御嶽壕と同様にカーブを描いた傾斜坑道が存在しています。 「螺旋状に登る」がそれですが,見取り図を見る限り出口はなかったようなので,掘削途中で(戦闘が激しくなって)放棄された可能性があります。

 本地下壕は,2010年度と2011年度の2箇年にわたり,コンクリート系材料による充てん工事が行われ,地下壕としては消滅しました。

 那覇市内には,本壕を含んでNo.38(県庁壕)やNo.60(小禄中学校壕)など5箇所ほどの地下壕に,湧水による水たまりが見られます。

 You Tube に工事記録の動画がアップロードされています。 「特殊地下壕対策 (№60,61宇栄原)埋戻し工事」で検索してみてください。


  注:本図は想像図であることをご理解の上,利用ください。
引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.5.29 No.61
 ・様  子:全長約450メートル。 井戸,トイレ,発電室らしきところがある。 火炎放射の跡。
       1フィート運動の会で92年11月より数回遺骨を収集,まだ残っている可能性がある。
 ・形  態:構築
 ・使用者:日本軍
 ・遺  体:5~6体
 ・遺  品:懐中時計,腕時計,石鹸箱,焼け焦げた衣類,油壺
 ・土  質:ニービ,クチャ,琉球石灰岩
関連情報
① 那覇市立教育研究所の公開資料(小禄地区 No.14,No.13) 記述を総合すると,No.61壕は資料のNo.14,No.64壕は資料のNo.13に該当します。
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)