宇栄原墓地の壕 No.59  那覇市宇栄原2丁目
記録写真  撮影:2012年11月,2018年5月

造成工事によってニービが大きく削られた垂直の崖があり,その一番下に半円形の穴が開いていました。 撮影:2012年11月

木の棒を差し込んだところ,1m以上も入ったのでこれが地下壕であるとの確信を得ました。 撮影:2012年11月

最新の状況では,坑口がブロックで閉鎖されていました。 撮影:2018年5月
記 事

ニービの崖にあることから,文献にある「墓が入口」とは違います。 恐らく,墓もろとも造成工事によって,削り取られたのでしょう。

2018年5月現在,コンクリートブロックにより坑口が閉鎖されています。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.1.30, 93.5.29 No.59
 ・様  子:全長約20メートル。 墓が入り口。 墓の中から地下に5メートルそして横に掘られている。
 ・形  態:構築
 ・使用者:未確認
 ・遺  品:なし
 ・土  質:ニービ
関連情報
特にありません。
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)