城岳公園の壕 No.44  那覇市楚辺1丁目
記録写真  撮影:2008年3月~2014年6月

記録にある第一の坑口です。 施錠されているので,那覇市公園管理課によって管理されているようです。 

第一とされる坑口の内部です。 琉球石灰岩ですが,傾斜が不自然なので掘削工事が行われたようです。

記録にあった銃眼と坑口です。 撮影:2008年。 城岳公園の整備により,2016年現在,この場所は消滅してしまいました。

銃眼を拡大しました。 それぞれの高さは,10cmほどでしょうか?。

記録にある第二の坑口です。 こちらも,施錠されています。

情報によると,二つの坑口は繋がっているようです。
記 事

 資料によると,城岳公園壕には坑口が10箇所以上存在したとのことですが,現在確認できるのは上記写真の2箇所になってしまいました。
 いずれも,扉付きの鉄柵が設置されていますが,解錠すれば立ち入りができます。

 公園整備のため,上記銃眼を含む一部は切除されてしまいましたが,まだ大部分は残っています。 是非戦争遺跡として,残してもらいたいものです。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:92.10.8 No.44
 ・様  子:全長約500m。 三重構造になっており,現在入れるところは2箇所。 墓が入口となっている。 壕内に石で造られた銃眼がある。
       井戸跡。 1フィート運動の会で93年8月遺骨を収集。 まだ残っている可能性(残骨)がある。
 ・形  態:構築
 ・使用者:日本軍,警察
 ・遺  品:アンプル,ボタン,碁石,化粧クリームビン,ビールビン(大日本),軍靴,茶碗,石鹸箱,バッテリー,薬ビン,かすがい,砲弾,硯,缶詰の空き缶,メガネ
 ・土  質:琉球石灰岩,ニービ
関連情報
② 「城岳の壕」,沖縄の戦跡ブック『ガマ』,p.65,沖縄県高教組教育資料センター編集,2009年,ISBN978-4-903042-16-9
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)