希望ヶ丘公園の壕 No.43  那覇市牧志3丁目
記録写真  撮影:2016年4月,2018年5月

希望ヶ丘公園のほぼ中心部にあるガマ(壕)の入口です。 植栽で,あまり目立ちません。

(左)御嶽として利用されているようです。  金網で閉鎖されていますが,施錠されているので,鍵があれば立ち入りは可能です。
(右) 壺屋やちむん通りに面する鍾乳洞の入り口。 両者は,中で繋がっている,という情報があります。

入り口の隙間から撮した御嶽の内部です。 天井(天盤)がかなりの規模で崩壊しています。 
入口からの光が届いているところは明るくなっており、崩壊した土砂なども赤い色をしています。

入り口の隙間から撮した御嶽の内部です。 この部分の天井(天盤)は余り崩壊していません。 撮影:2016年4月

2016年4月とほぼ同じ場所を撮影しました。 変化は無さそうでした。[猫が居ました。] 撮影:2018年5月
記 事

 牧志の公設市場に繋がるアーケード「むつみ橋通り街」の中程,左に折れる小道に,かつて地元の人しか行かなかった?「花笠食堂」があります。 その先はなにやら暗い木立に覆われた小高い丘ですが,その丘全体が「希望ヶ丘公園」です。

 丘はすべて琉球石灰岩で構成されており,前述の小道から公園に入って左に向かうと,上段の御嶽(拝所)に行き着きます。 これが本壕の坑口です。
 丘の反対側には新しく道路が造られ,その斜面に金網で覆われた坑口があります。 この二つはおそらく中で繋がっていると考えられます。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:92.10.8 No.43
 ・様  子:奥行約50メートルの自然洞窟。 入口3カ所の内1カ所は拝所。 土砂が堆積し天井までの高さ約1メートル。
 ・形  態:自然壕
 ・使用者:民間
 ・遺  品:なし
 ・土  質:琉球石灰岩
関連情報
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)