識名(字)の壕 No.40  那覇市識名(字)
記録写真  撮影:2018年5月

このお墓が関連情報に記載されているお墓です。 お墓の掃除が行われ,周囲がよくわかるようになっていました。

向かって左の斜面には,壕の入口の痕跡はなさそうです。

向かって右側の斜面には,穴が開いています。 ガマに繋がっているかどうかはわかりませんが,痕跡と言えば痕跡でしょう。

お墓に向かって左手前に「水の湧いている場所」があり,柵によって囲まれています。 
記 事

 諸資料によるとガマの入り口にお墓が建設され,立ち入りはできなくなっている,とのことです。

 2018年5月の訪問では,お墓の右の斜面に小さな穴が開いていることを確認しました。
 これがガマ(鍾乳洞)に繋がっているかどうかは,今後の調査結果を待ちたいと思います。

 お墓の近くに湧水を確認しました。 資料に「川になっている」とありますが,それとの関連性について検討する必要があると思います。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.2.28 No.40
 ・様  子:全長約40m。 入口1箇所。 小さな滝もあり壕内は川になっている。 木の根っこや壁に石灰がくっつき、まるで鐘乳洞のよう。途中より落盤。
 ・形  態:構築
 ・使用者:日本軍
 ・遺  品:石灰水で固まったロウソク
 ・土  質:琉球石灰岩,クチャ
関連情報
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)