繁多川公園内の壕群 No.29  那覇市繁多川4丁目
記録写真  撮影:2007年4月~2013年2月

対策工事前の状況です。  撮影:2007年4月。

対策工事前のガマの内部状況です。 狭い通路の奥に、火を焚いた跡が残っていました。 撮影:2007年4月。

対策済みの状況です。 撮影:2013年2月。
記 事

 繁多川公園から金武ダムにかけての琉球石灰岩には多くのガマが点在し、確認されただけでもNo.29~No.35の7箇所が地下壕として利用されたようです。
 以下の記載を見ると、No.29は自然のガマ(鍾乳洞)をそのまま使用したようです。

 2007年当時は鉄柵が設置されていました。 このガマはその鉄柵から数メートルのところで天井が低く幅も狭くなっており、その奥では大きな空間が広がっていたようです。 奥に写っている黒い物(炭)は、恐らく戦後に野宿やたき火などをした跡でしょう。

 このガマは、那覇市によってコンクリート製の侵入防止壁が設置されたため、以後、内部の様子を伺うことはできなくなりました。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.10.10 No.29
 ・様  子:奥行約20メートルの鍾乳洞。 大量の薬ビンがあった。
 ・形  態:自然壕
 ・使用者:民間・日本軍
 ・遺  品:ビールビン(大日本),軍靴,缶詰の空き缶,薬ビン,ボタン,ホーロー食器,「東京階行社の刀手入れ油」と書かれたビン
 ・土  質:琉球石灰岩
関連情報
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)