イシダーヌガマ No.25  那覇市繁多川5丁目
記録写真  撮影:2013年1月・7月,2018年5月

左の入り口近くにある石柱が拝所(四鎮嶽)になっていました。 右の暗い部分に,奥への洞窟がありました。 

奥への洞窟の入口。 拝所より一段下がっており,床がクチャ由来の泥土が溜まっています。

洞窟の奥には人工構築物がありました。

25m程進むと高さ1m程の広場がありました。

イシダーヌガマの入口は整形され,マンションが建設されました。 撮影:2018年5月
記 事

 以前、民家の庭に琉球石灰岩の小山があり、そこがガマ(御嶽:四鎮嶽)になっていました。 

 ガマは道路の下や民家の下を縦横に走って、数10mほどの長さがありました。 
 写真に写っているコンクリート構造物は、オープンカット工法で施工されているようなので、道路直下かもしれません。

 2018年5月再訪しました。 イシダーヌガマのあったところにマンションが建築されており,坑口も完全に消滅しています。
 ただし,写真下段の鍾乳洞(ガマ本体)まで処理(埋め戻し)されたかは不明です。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.2.28 No.25
 ・様  子:庭の小高い山全体が自然洞窟になっている。 入口3カ所。 複雑な構造。 拝所。
 ・形  態:自然壕
 ・使用者:民間(編者 町内会?)
 ・遺  品:なし
 ・土  質:クチャ,琉球石灰岩(編者)
関連情報
② Okinawa caving & gama guide [イシダーヌガマ] 情報によると,奥行きは数10mにも及んでいたと思われます。 注:住所は「繁多川」の間違い。 
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)