大名町の壕 No.22  那覇市大名町1丁目
記録写真  撮影:2008年2月,2018年5月

大きな墓地の一番高いところにありました。 恐らく,古いお墓を使ってその奥を掘削したと思われます。

坑口から3m程度は水平ですが,かなり急な傾斜で下方に掘られています。

傾斜角度は20゜程度。 その内部は,相当崩壊していました。

最新の坑口です。対策工事が行われて6年以上経過しているので,木の根が覆い尽くそうとしています。 撮影:2018年5月
記 事

坑口から北に延びているガマ(地下壕)なので,那覇市立大名小学校か,隣接する特別養護老人ホームの敷地の方角に伸びているように思えます。   

2012年1月に対策工事が行われ,地下壕はエアーモルタルで充てんされました(那覇市の工事発注公開資料)。

引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
調査日:93.3.6 No.22
 ・様  子:全長約60メートル。 入口1カ所。 下に向かって掘られており奥の方は探さ約1メートルの水がたまっている。
 ・形  態:構築
 ・使用者:日本軍
 ・遺  品:杭木,軍靴,砲弾,迫撃砲弾
 ・土  質:クチャ,琉球石灰岩
関連情報
① 那覇市立教育研究所の公開資料(首里地区 No.26) 資料では,住所が「首里末吉町2丁目」ですが,機構の調査では大名町1丁目です。
発行日 : 2018年6月1日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)