第三十二軍司令部 首里壕 No.1  那覇市首里当蔵町(首里城公園)
第三十二軍司令部壕の形と位置はイメージです。 実際のものとは異なっている可能性が大きいので,ご注意ください。
三十二軍司令部壕見取図はこちら。    出典: 沖縄戦の記憶・分館-ガマ所在地南部
記録写真  撮影:2016年4月6日(全て)

第1坑道口近くのトーチカ(その1)。

トーチカ(その1)の内部。 すぐ右に曲がっている。
 
第1坑道口近くのトーチカ(その2)。 向かって右の入口は大きく,戦車用の掩体壕だったのかもしれません。

トーチカ(その2)の左側入口。

トーチカ(2)左側入口の内部。

トーチカ(その2)の右側入口。

トーチカ(2)右側入口の内部。 崩壊が激しくて,中には入れません。

第1坑道口近くのトーチカ(その3)。

トーチカ(その3)の内部。 どう見ても,普通の部屋のように見えます。

第1坑道口近くのトーチカ(その4)。

トーチカ(その4)の内部。 左の奥には,埋められた入口があります。
 
トーチカ近くに設置されている説明板(部分)。 撮影:2016年4月6日。
記 事
 第1坑道口跡をたずねました。 跡とは,第1坑道口は既に埋められて現存しないからです。
 ここに写っている4箇所の構造物は全て「トーチカ」と言われる掩体壕の一種で,それぞれが独立したコンクリート造りです。
 よく観察しましたが,銃丸らしき構造がありませんので,トーチカとはいうものの事務所か倉庫だったのかもしれません。       最新執筆:2016年7月。 
引用文献[1フィート運動の会 活動報告]
(調査日:92.7.2, 93.3.6) No.1
 ・様  子:6ヵ所あった入口の内現在入れるのは2ヵ所。 第4坑道入口(金城町・新垣養蜂園の裏)から約30メートル,
       第5坑道入口(県立芸大-元琉大男子寮の南東斜面)から約40メートル入れる状態。
       両坑道とも至る所落盤しており、第5坑道の奥からは水が湧き出ている。  見取図
 ・形  態:構築
 ・使用者:陸軍
 ・遺  品:軍靴,ビールビン,薬ビン
 ・土  質:クチャ,琉球石灰岩,ニービ
関連情報
④ 「第32軍司令部壕」,沖縄の戦跡ブック『ガマ』,pp.62-pp.630,沖縄県高教組教育資料センター編集,2009年,ISBN978-4-903042-16-9
⑤ 「第32軍司令部壕」,沖縄の戦争遺跡,pp.28-pp.31,沖縄県平和祈念資料館編集,2007年,ISBN978-4-903042-14-5
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)