チブラーアブ(伊原第三外科壕・ひめゆりの塔)  糸満市伊原
記録写真 2009年6月

「ひめゆりの塔」のすぐ前にあるアブ(窪地)が第三外科壕です。
記 事

 元々は、伊原集落住民の避難壕でしたが、沖縄陸軍病院の移転により大部分の住民が追い出されました。
 沖縄陸軍病院は南風原から「ひめゆり学徒23人」を引き連れていました。

  チブラーアブには、病院関係者と地元住民合わせて約100名が避難していましたが、6月19日の攻撃で約80名が犠牲になりました。

地下壕の概要
 ・規  模:
 ・形  態:鍾乳洞
 ・使用者:地域住民,陸軍病院第三外科
 ・遺  品:
 ・土  質:琉球石灰岩
関連情報
① 「チブラーアブ(第三外科壕)」,沖縄の戦跡ブック『ガマ』,pp.100~101.,沖縄県高教組教育資料センター編集,2009年,ISBN978-4-903042-16-9
② 「伊原第三外科壕」,沖縄の戦争遺跡,pp.43,沖縄県平和祈念資料館編集,2007年,ISBN978-4-903042-14-5
発行日 : 2017年8月31日
執筆・編集 : 特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構(GUPI)