岩鞍に守られたお堂一つ 類型:神仏
  地蔵倉(じぞうぐら) 山形県大蔵村

肘折伝説と縁結びの地、地蔵倉全景。

地蔵倉の近景。
地蔵倉からの肘折カルデラ。 右端は高倉山(1064m)。
1.いわれ、特徴、エピソード等

 地蔵倉は、肘折温泉開湯縁起にまつわる地として、地元の人々に大切にされています。
 伝承によれば、肘折温泉は大同2年(807年)に、豊後国の出身の行者・源翁によって発見されたと言われています。

 出羽三山への道を探していた源翁は、迷い込んだ肘折の山中で地蔵倉に住む、地蔵の化身である老僧に遭遇しました。地蔵は「岩山から落ちて肘が折れても、ここの湯に浸かるとたちどころに直る」と肘折温泉の存在を源翁に教えるとともに、「湯殿山参拝の後、この地に留まってこの地を守るように」と言って、湯殿山へ至る道へと導いたのだといいます。
 源翁は、この地にとどまって地蔵倉に住みついたとされ、これが肘折温泉の 興りとされています。

 現在では、凝灰岩の断崖の岩陰に六地蔵の石仏が安置され、近くに木造の本殿があります。
 毎年7月14日に湯の神様に感謝し、長い間温泉を守って来た先人たちの偉業をたたえる「開湯祭」が執り行われます。

 岩壁には無数の孔があり、念じながら紙を紙縒りにして入れ、穴に通すことが出来たら、願い事が叶うという言い伝えがあります。

 縁結び、子宝祈願、商売繁盛のパワースポットとして多くの方々が訪れます。

2.地形・地質の概要

 地蔵倉の絶壁は肘折カルデラのカルデラ壁になります。 絶壁沿いの通路を歩くと、その高さと景色の良さに驚くでしょう。。

 岩壁を良く見ると縞が入っていることがわかります。 これは1度の噴火ではなく、いくつかの噴火が繰り返したのかもしれません。 縞と縞は密接しているので短期間のうちに噴火が繰り返された可能性があります。

 堆積物内には大きな礫が含まれていることから、マグマ分が少ないボソボソした噴出物の中に基盤岩を含む降下堆積物(凝灰集塊岩)だと考えられます。

3.周辺のジオサイトや観光地

☆ジオサイト
月山ジオパーク構想: 以下は、月山ジオパーク構想推進協議会の公式ウェブサイトからの引用です。
 「噴火や地すべりなど、月山周辺の地形を成り立ちから知り、気候や生態系、歴史、人々の暮らしとの関わりを考える場所です。 月山のおそれとめぐみの中で、自然とともに生きることの本当の意味を伝えることを目指します」。
 ジオサイトを構成する自治体は、鶴岡市、庄内町,西川村、大蔵村と戸沢村です。

☆観光地
 肘折温泉: 直径約2kmの肘折カルデラの東端にある温泉ですが、同じカルデラ内の黄金温泉とカルデラ外の石抱温泉と共に、肘折温泉群とも呼ばれています。 日本有数の豪雪地帯としても有名です。 
 四ケ村棚田: 四ケ村(しかむら)とは、豊牧、滝の沢、沼の台と平林の4集落の総称で、日本の棚田百選に認定された棚田があります。 毎年夏になると「ほたる火コンサート」が開催されています。 
 湯の台高原: 肘折温泉のすぐ北に接する高原です。 火砕流堆積物(しらす)で構成されています。 毎年9月には、白い「そばの花」で覆われます。 また近くには、湯の台スキー場があります。

4.交通

☆公共交通
 鉄道: JR山形新幹線の新庄駅で下車します。 大蔵村村営バスの肘折温泉行きに乗車し、約60分の終点で下車してください。 温泉街の南東部にある肘折温泉湯坐神社(薬師神社)が登山口です。 徒歩で約30分で本奇岩に到着します。

☆自動車
 尾花沢新庄道路(国道13号)を新庄ICで、国道47号に降ります。 酒田方面に走行し、新庄市升形で左折して国道458に入ります。 肘折温泉まで進み、後は公共機関の項を参照してください。

5. 奇岩の地図