昔は生活の場であったという 類型:歴史
  抜海岩(ばっかいいわ) 北海道稚内市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 現在は稚内市となった旧抜海村の抜海漁港のすぐ後に、この奇岩はあります。
 丸く草の生えた小山の上にこの奇岩が乗っているのは、ちょっと異様な光景です。
 バッカイとはアイヌ語で「子を背負う・もの」という意味ですが、この奇岩の名がそのまま村名になつた、と言われています。
 抜海岩の下には海食洞があり,先史時代の遺跡があることがわかっていました。
 昭和38年に行われた発掘調査で、オホーツク土器、擦文式土器や続縄文式土器などが確認されました。
 現在では、稚内市により「抜海岩陰遺跡」として指定されています。
2.地形・地質の概要
 新第三紀後期更新世(約1万8000年前)以後に堆積した礫岩・砂岩です。
 塊状の硬い地層が地表近くにあったため、浸食が進むにつれ硬い部分の周辺が剥離落下して堆積し、次第に奇岩より下の丸い小山状の部分が形成されたのでしょう。 堆積した部分-デブリ-は、小さな岩片のため植物が生え、最終的には土壌になります。
 アリゾナの砂漠に-規模は違いますが-、類似の形をした岩山を見ることができます。 
3.周辺の観光地やジオサイト
☆観光地
 サロベツ原野: 奇岩の南方20km~30kmに広がる、宗谷丘陵と海岸砂丘に挟まれた泥炭性の湿地です。 2005年11月にラムサール条約に登録されました。 原野は、上・下に区分されますが、下サロベツ原野は「利尻礼文サロベツ国立公園」の特別保護区域に指定されています。 湿地の他にはペンケ沼、パンケ沼や長沼などが点在しています。
 ノシャップ岬: 稚内市のすぐ北にある岬です。 アイヌ語の「ノッ・シャム」が語源で、岬が顎のように突き出たところ、といった意味があるそうです。 晴れた日には、利尻富士や礼文島を遠望することができます。
4.交通
☆公共交通
 鉄道: JR宗谷本線抜海駅下車ですが、徒歩で約40分かかります。 抜海駅は、各駅停車のみとなりますが、一日に3本から4本しか運行されていません。 なお、バスの便はありません。
☆自動車
 国道40号(天塩国道)を幌延町下沼まで進み、左折して道道972号に入り道道106号(オロロンライン)に達します。 右折して、約25kmで抜海岩に達します。
 オロロンラインはサロベツ原野の海側を通っています。

 抜海岩の近景。 動物が吠えているようにも見えます

抜海漁港からの抜海岩

抜海岩の全景
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powerd by GUPI & Lightbox Plus