ゴジラがいるなら 類型:怪獣
  ガメラ岩(がめらいわ) 秋田県男鹿市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 当地域の「ゴジラ岩」が脚光を浴びる中、にわかに知られてきたのが、ゴジラのライバルといわれるこの「ガメラ岩」です。 岩に生える緑色の苔が、ガメラの甲羅の特徴をよく引き出しています。
 知る人ぞ知る隠れた奇岩です。
2.地形・地質の概要
 潮瀬崎一帯の岩場は、火山噴出物の岩が波や風雨による浸食によって形作られた、平らな波食台となっています。
 ガメラ岩自体は、火山礫凝灰岩です。
 付近には長い間、波食で丸く彫られた「おう穴」もみられます。
3.周辺の観光地やジオサイト
男鹿半島・大潟ジオパーク
 この奇岩は、男鹿半島・大潟ジオパークの「潮瀬崎ジオサイト」を構成するジオポイントの一つです。
 このジオサイトには奇岩が多いことで知られ、ガメラ岩の他にも本家「ゴジラ岩」、「ゴジラの尻尾岩(ごじらのしっぽいわ)」、「双子岩(ふたごいわ)」と「帆掛島(ほかけじま)」の4奇岩を加えた合計5奇岩が「日本の奇岩百景+」に登録されています。
☆観光地
 。
4.交通
☆公共交通
 鉄道: JR男鹿線の「男鹿駅」下車。 秋田中央交通バス「男鹿南線」に乗車し、「帆掛島」で下車。 乗車時間は約25分です。 バス停からは徒歩で、ゴジラ岩の側を通りすぎて約10分です。
☆自動車
 男鹿総合観光案内所から、県道59号を門前方向へ約40分の所にあります。
☆GUPI職員による「男鹿半島・大潟ジオパーク巡検記」も併せてどうぞ。

ガメラ岩の正面
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powered by GeoInformation Potal Hub(GIPH),2020  Lightbox Plus