玄武岩の名の由来 類型:自然
  玄武洞(げんぶどう) 兵庫県豊岡市

玄武洞の全景

玄武洞の近景

青龍洞の近景
1.いわれ、特徴、エピソード等

 国の天然記念物で「玄武岩」の名の由来であり、過去の地磁気逆転の発見につながったところです。

 文化4年(1807年)、この地を訪れた江戸時代後期の儒学者・柴野栗山は、この洞の岩石が作り出す節理の形や断面の模様などから、中国の妖獣「玄武」を連想し、「玄武洞」と命名しました。

 玄武洞の右側にある小さな尾根を越したところには、「青龍洞」があります。 玄武洞のような洞窟は形成されていませんが、複雑な柱状節理の形状を観察することができます。。

 注 玄武洞や青龍洞は自然のものでは無く、江戸時代の採石場の跡です。 

2.地形・地質の概要

 160万年前に起こった火山活動により、流れ出したマグマ(玄武岩)が冷えて固まる際に規則正しい六角形の割れ目を作り出しました。

 これを柱状節理と呼びます。

 岩石の正式名称は、第四紀更新世のアルカリかんらん石玄武岩です。

3.周辺のジオサイトや観光地

山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク
 この奇岩は、山陰海岸ジオパークの「玄武洞公園・赤石周辺エリア」を構成するジオサイトの一つです。
 周辺エリアのジオサイトには「円山川下流及び周辺水田のラムサール登録湿地周辺」、「城崎温泉」などがあります。

日本の地質百選
 この奇岩は、日本の地質百選(玄武洞)に選定されています。

☆観光地
 コウノトリの郷公園

☆観光コースの例
 山陰海岸ジオパーク散策モデルコース「城崎温泉コース

4.交通
☆公共交通
 鉄道:JR山陰本線「豊岡駅」下車。 タクシーで約20分です。 土・日はバス有り。
     JR山陰本線「玄武洞駅」下車。 渡し船約5分(要確認)。

☆自動車
 
北近畿豊岡自動車道(和田山八鹿道路)の「八鹿氷ノ山IC」経由、県道8号と国道312号で豊岡市街まで走行してください。

5. 奇岩の地図