鬼を封じ込めた大岩 類型:神仏
  立岩(たていわ) 京都府京丹後市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 周囲1,000m、高さ20mに及ぶ立岩は、京丹後市のシンボルになっている安山岩の巨岩で、丹後を代表する絶景のひとつです。
 第31代用明天皇の第3皇子麿子(まろこ)親王が、この地の鬼退治をされた時、一夜のうちに天から降ってきて、この大岩に鬼を封じ込めたという伝説が残っています。
 今でも風が強く、波の高い夜などは、鬼たちの号泣する声が聞こえるといわれています。
2.地形・地質の概要
 地下から上昇してきたマグマが固まったもので、その後の浸食により周囲の岩石が削り取られました。
 垂直に延びた柱状節理が美しいことで有名です。
3.周辺のジオサイトや観光地
山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク
 この奇岩は、山陰海岸ジオパークの「立岩・大成周辺エリア」を構成するジオサイトの一つです。
 同じエリアのジオサイトには「経ヶ岬周辺」、「大成古墳群」、「屏風岩」などがあります。
☆観光地
 史跡「大成古墳群」
☆観光コースの例
 山陰海岸ジオパーク散策モデルコース「立岩周辺散策コース
4.交通
☆公共交通
 鉄道: 北近畿タンゴ鉄道「網野駅」下車。 タクシーで約20分です。
☆自動車
 鳥取豊岡宮津自動車道(宮津与謝道路)の「与謝天橋立IC」経由、国道312号を京丹後市中心部まで走行し、国道482号で道の駅「てんきてんき丹後」まで走行してください。

立岩遠景

立岩近景
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powerd by GUPI & Lightbox Plus