「ガマの油売り」口上の起源 類型:動物
  ガマ石(がまいし) 茨城県つくば市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 古来「雄龍石」といいました。 傍らに「雌龍石」もあります。
 永井兵助が「ガマの油売り口上」を考え出したことでガマ石と呼ばれます。 白っぽい石の表面はなめらかで、カエルの腹部を連想させます。
2.地形・地質の概要
 ケーブルカー山頂駅から尾根沿いに女体山頂に向かう登山コース上にある斑レイ岩の岩塊です。 この岩石は優白質で、斑レイ岩の仲間ではありますが、マグマの組成が不均一であったため、斑レイ岩中で斜長石が集中した部分となっています。 このような岩石は斜長岩と呼ばれます。
3.周辺の観光地やジオサイト
筑波山地域ジオパーク
 この奇岩は、2016年度に登録された筑波山地域ジオパークを構成するジオポイントの一つです。
 本ジオパーク内には、他に「大仏岩」、「屏風岩」、「北斗岩」、「裏面大黒」、「出船入船」、「高天原」、「弁慶七戻り」、「母の胎内くぐり」、「セキレイ石」、「立身石」、「御海」と「吾国愛宕奇岩」の奇岩があります。
☆筑波山
 筑波山は水郷筑波国定公園に指定され(1959年)、その山頂部は男体山、女体山の二峰に分かれます。 これらの山頂部からは、関東平野や霞ヶ浦などが広く眺望できます。 また山麓の筑波山神社は、二峰から構成される筑波山の山体そのものを御神体とする、起源の古い神社です。 山麓には梅林などが知られています。
☆観光コース例
 (一社)筑波観光コンベンション協会を参照してください。
4.交通
☆公共交通
 
鉄道: つくばエクスプレスの「つくば駅(つくばセンター)」下車。 筑波山シャトルバスで「筑波山神社」行きに乗車。 下車後,ケーブルカーの「宮脇駅」まで徒歩で10分。 ケーブルカーは8分ほどで「筑波山頂駅」に到着します。 「山頂駅」から女体山頂まで尾根沿いの登りで約15分ですが、ガマ石とセキレイ石はその途中にあります。
 なお、登山コース(御幸ヶ原コース)は、登りに約90分を要します。
 バス: 「羽田空港」、「成田空港」や東京駅」から高速バスを利用して「つくば駅」で下車、以後は①に同じです。
 注 「つくば駅」からは、筑波山シャトルバスで「つつじヶ丘」を経由し、ロープウエイで「女体山頂駅」まで乗車するルートもあります。
☆自動車
 常磐自動車道「土浦北IC」より、筑波山神社駐車場まで約40分です。 

ガマ石の近景
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powerd by GUPI & Lightbox Plus