火を噴く怪獣 類型:怪獣
  ゴジラ岩(ごじらいわ) 秋田県男鹿市
1.謂われ、特徴、エピソード等
 男鹿市船川港門前にある潮瀬崎に所在するこの岩は、逆光でのシルエットが東映の特撮怪獣映画キャラクターであるゴジラにそっくりなことから、平成7年にゴジラ岩と名づけられました。 男鹿市の観光PR用ポスターはもちろん、平成25(2013)年の24時間テレビでも紹介されるなど全国的にも有名です。
 夕陽を背景に紹介されることが多く、特に口元に夕陽と夕焼け雲を重ねた「火を噴くゴジラ」が人気です。 「夕陽を食べるゴジラ岩」は4月頃、「火を噴くゴジラ岩」は10月頃がベストシーズンです。
 宮城県栗原市在住のカメラマン曾根田慶一氏が撮影したゴジラ岩の写真は、世界2大自然写真コンテストの一つである「NATURE’S BEST PHOTOGRAPHY WINDLAND SMITH RICE INTERNATIONAL AWARDS 2012 」の風景部門で、次席となる
『HIGHLY HONORED WINNER』を受賞し、その写真は半年間スミソニアン博物館に展示されました。
 近くの「ゴジラのしっぽ岩」や「ガメラ岩」も奇岩に認定されました。
2.地形・地質の概要
 およそ3,000万年前の火山の噴火による火山礫凝灰岩でできています。
 以下は 男鹿半島・大潟ジオパーク のホームページからの引用です。
 「潮瀬崎一帯は、平らな地形になっており、そこに大小様々な岩が立ち並んでいます。 ゴジラ岩もその一つです。 これらをつくっているのは、主に火山礫凝灰岩で、火山の噴出物です。 火山礫凝灰岩層の下には、白っぽい泥岩の地層があります。 地層の境界は、普通、平らなのですが、ここでは境界が曲がっていたり、下の泥岩が上の層に食い込んだりしている様子を見ることができます。 マグマがほぼ水平に入り込んで冷え固まったもの(岩床も見ることができます。 岩床の上の方には、数本の岩脈も伸びています。」
3.周辺のジオサイトや観光地
男鹿半島・大潟ジオパーク
 この奇岩は、男鹿半島・大潟ジオパークの「潮瀬崎ジオサイト」を構成するジオポイントの一つです。
 このジオサイトには奇岩が多いことで知られ、ゴジラ岩の他にも「ゴジラの尻尾岩(ごじらのしっぽいわ)」、「ガメラ岩」、「双子岩(ふたごいわ)」と「帆掛島(ほかけじま)」の4奇岩を加えた合計5奇岩が「日本の奇岩百景+」に登録されています。
☆観光地
 赤神神社五社堂:ナマハゲ伝説の残る重要文化財
 なまはげ立像:高さ9.99m
 鵜ノ崎海岸:日本の渚百選、奇岩「小豆岩」など
 館山崎:奇岩「グリーンタフ」、「ろうそく岩」など。
4.交通
☆公共交通
 
鉄道: JR男鹿線の「男鹿駅」下車。 秋田中央交通バス「男鹿南線」に乗車し、「帆掛島」で下車。 乗車時間は約25分です。 バス停からは徒歩約5分です。
☆自動車
  男鹿総合観光案内所から、県道59号を門前方向へ約40分の所にあります。
☆GUPI職員による「男鹿半島・大潟ジオパーク巡検記」も併せてどうぞ。

ゴジラ岩の近景

火を噴く? ゴジラ岩
5. 奇岩の地図
地図と写真の操作方法はこちら  奇岩の位置についてはこちら
Powerd by GUPI & Lightbox Plus