奈良県:明日香村,構造盆地
地形の特徴

・大和盆地,構造盆地

地形の三次元イメージ:

「飛鳥川」などの流域を除いた「明日香村」の基盤は,中生代後期白亜紀(約1億年前)の「花崗閃緑岩」です。
ちなみに,「天の香久山」は全山,畝傍山は中腹より低い場所が同じ岩石でできています。
「高松塚古墳」,「キトラ古墳」や「石舞台古墳」などが,この岩盤上に構築されました。
地形の三次元イメージ:

「飛鳥川」の流域は,「完新世」の谷底平野堆積物(沖積層)に覆われていますが,地層の厚さはそれ程でもないので,
沖積層を剥ぎ取ると,周囲の丘陵から山地を構成する「花崗閃緑岩」が露出すると思われます。
藤原京に移転するまで,倭の国の都であった場所です。
このような狭い場所に,とも思えますが,石の入手が容易かったからではないでしょうか(確証はありませんが)。

【記事】
 ・飛鳥京跡は,6世紀から7世紀にかけて,飛鳥の地に造営された宮廷他の諸建築物の総称です。
 ・中心は「伝飛鳥板蓋宮」で,上図のほぼ中心にランドマークがあります。

【参考情報】
 ・参考図書:そしえて文庫94,地図の風景 近畿Ⅲ 奈良・三重・和歌山,pp.60-63.,そしえて刊,1980年11月20日
 ・明日香村 > 飛鳥宮跡 解説書

【お断り】
 ・本サイトの概要については ここをクリックしてください