使 用 説 明
地形断面図用「距離-標高データ」自動取得



初期画面。
右下に国土地理院地図が表示されれば,正しく機能しています。

















イメージをクリックすると拡大します。



① 平面直角座標系の系番号を選択すると,選択した系の原点に地図が移
  動します。

 ★再処理などの場合では,地図が移動しない場合があります
  一度,一番上の「選択」を選んでから,必要な系番号を選んでください。


② 地図を適宜移動・拡大させて,始点と終点の位置をそれぞれ
  セットします。
  ・まず,地図を移動させて始点位置を中心の[+]マークに合
   わせ[始点のセット]ボタンをクリックします。
  ・次に,地図を移動させて終点位置を中心の[+]マークに合
   わせ[終点のセット]ボタンをクリックします。
  ★系番号の直下に,始点と終点の座標(緯度・経度と平面直
   角座標系のX軸値とY軸値)を表示します。
  ★緯度・経度から平面直角座標の変換は,インターネット経由
   で国土地理院のAPIを使用しています。

  ★セット間違いの場合には,[クリア]ボタンをクリックしてく
   ださい。



③ 断面線上の標高取得点数(分割数)を入力し,断面線設定ボタンをクリックすると,断面線を描画すると共に,その
 中心位置に地図が移動します。
 
 ★地図右下のズームボタンを使用して,地図を最適な大きさに拡大してください。



④ 取得開始ボタンをクリックすると,国土地理院の標高APIを
  利用して,断面線の標高データを自動的に取得します。

注記事項:1個あたりの取得間隔は「およそ1秒弱」です
  国土地理院のサーバー負荷と,ネットワークの環境を考慮し
  ているので,これ以上短時間のデータ取得は行いません。







イメージをクリックすると拡大します。



⑤ [ダウンロード]をクリックすると,取得したデータをCSV
 ファイルとして保存できます。

 左図(左)は,EXCELで整形した例です。



[ダウンロード]リンクをクリックすると,ファイル保存用のダイアログボックスが表示されます。



⑥ 標高データの所得が終了すると,地図枠の下に簡易的な「水平距離-
  標高グラフ」を描画します。

 ★ブラウザがFirefoxの場合,イメージデータとして保存できます。
  グラフ上で右クリックして,イメージとして保存してください。


 ★左は,簡易表示した水平距離-標高グラフの例です。 
  ・距離枠の長さと軸の分割数(10)は固定ですが,右上に断面線長を表示
   します。
  ・標高枠は,整数で丸めて表示します。



⑦ 通信回線(例,混み具合)などの理由により,取得開始から数個の間で,取得したデータが狂うことがあります。
  そのまま[取得開始]ボタンをクリックすると,再び標高データを自動取得します。
  データ保存後,必要な部分のみ採用して下さい。

 ★ グラフ(プロット)が乱れることがあります。 グラフイメージを使用する場合は,再処理して下さい。


 ★左は,最初の4つのデータ通信に不具合が生じた例です。
  [取得開始]ボタンをクリックすることにより,継続して標高データの取得が可能です。
⑧ おことわり
 ・本処理ページは開発中のため,不具合等により突然仕様を変更する場合があり得ます。
 ・都市部などでは,航空機搭載型のレーザプロファイラによる5mDEMを基にした推測標高値として得られますが,それ以外の場所では等高線から推定された10mDEMの場合があります。
 あくまで,参考値としてご利用下さい。