GUPI Free Website
          個人用ボーリンクデータ管理システム Ver. 10.0
このサイトについて
 
このサイトについて
★個人用ボーリンクデータ管理システムは,個人などがパソコン内に保存しているボーリングデータ(XML)を使用して,ボーリングデータベースデータ(=メタデータ)を自動的に作成し,
  そのメタデータを使用して「電子地図検索」と「一覧表検索」を行うことができるように開発されました。
★インターネットに接続している環境があって,国土交通省の電子納品要領(地質・土質)に準拠したボーリング交換用データ(XML)と同じく電子柱状図(PDF)があれば動作します。
本システムの特徴
★ボーリングデータベース(=メタデータ)の作成
  ☆ボーリング交換用データ(XML)を引用して,ボーリングデータベースであるメタデータを全自動で作成し,CSVファイル形式で保存します。
★地図表示機能
  ☆保存されたメタデータを使用して,電子地図上に掘削位置のマーキングを行います。
  ☆マーカーをクリックすると,メタデータに登録されている情報を表示します。
  ☆電子地図は,国土地理院の地形図,Google Maps の住宅地図と空中写真の3種類が使用できます。
  ☆産総研のシームレス地質図や国土地理院の色別標高図などのオーバーレイ表示(重ね描き)ができます。
★一覧表表示機能
  ☆保存されたメタデータを使用して,ボーリングの概要情報を一覧表形式で表示することができます。
  ☆ リンクをクリックすると,メタデータに登録されている情報を表示すると共に,掘削位置を確認することもできます。
★検索機能
  ☆地図検索と一覧表検索の各ページには,「地質名や住所などによるキーワード検索」と,「N値,地下水位や掘削深度などによる数値検索機能」が用意されています。
★ボーリング柱状図等の閲覧について(セキュリティ)
  ☆ボーリングデータと電子柱状図は「利用者のパソコン内に保管」されているものを使用します。 従って,インターネットを通しての情報漏洩を防止するために,ボーリングデータと
   電子柱状図へのリンクは設定しないようになっています。
  ☆ただし,検索の結果ヒットしたボーリングデータや電子柱状図の格納先とファイル名(URL)を取得(コピー)できるので,新しいタブ開いてそのURLをペーストすることによって,電子
   柱状図などを表示・閲覧することが可能です。
★拡張機能
  ☆ボーリングデータや電子柱状図がインターネットなどからアクセスできる場所(httpで始まるURL)に格納されている場合,ワンクリックで対象情報を開けるリンクを設定できます。
利用にあたってのご注意とお願い
★ご注意★
 ☆本システムは,特定非営利活動法人地質情報整備活用機構(以後,GUPI)が開発し,管理運営しています。
 ☆どなたでも,本システムを自由(無料)に利用することができます。
 ☆本システムは,Free Open Source Software です。 どなたでも,自分用のシステムに改良することができます(ダウンロードは,ブラウザの機能を利用してください)。
★お断り★
 ☆ソースコードには,他の機関で開発されたコードが含まれています。 利用者が再頒布する際には,ソースコード開発者の権利に留意してください。
 ☆本システムを利用することによって,直接・間接的損害,特別損害,逸失利益などのいかなる損害を生じた場合でも,GUPIは責任を負いません。
  利用者自身の判断でご利用下さい。  想定される損害の例: プログラムに含まれるバグ等による表示位置の間違いや検索漏れ。
 ☆地図検索ページに使用されているライセンスキー(認証キー)は,GUPIがGoogle社から取得したものです。 Google社からは,他者(二次利用者)の使用が一切許諾されていません。
  利用者が自分用のサーバーを開設して本システム(改良版を含む)を使用する場合には,必ずご自身で認証キーを取得するようにしてください。