轟壕(トドロンガマ・トルルシガマ・トロドンガマ) 糸満市伊敷

石段の先にある小さな穴が轟壕の入口。 轟壕は深さ10m、直径30mほどのドリーネの底にあります。 撮影:2016年11月(全て)。

  轟壕の入口。 地下水をくみ上げるためのパイプが付設されています。
その入口には、佐藤特高課長が居たという、ガマが口を開けています。

  修学旅行の一環の平和教育で、壕の中に入る関東地方の高校生。 懐中電灯が少ないようだけれど、真っ暗闇を体験させるためでしょうね。

  石段の途中に設けられている祭壇。 その右は余り奥行きの無いガマ。
「とぅるるち」とは、ゆっくりお休みなさいという意味だと思いますが、調査中です。

  ドリーネの底には所々ガマが口を開けています。
 轟壕の中には川が流れており、平和教育のために入壕する高校生が多いので、洞内水はポンプアップされています。
 諸資料を総合すると、伊敷集落などの地元住民が避難するために用意してきた轟壕に、途中から割り込んだ軍人が武力をてこに壕内の乾燥部分を占拠し、地域住民は川の下流部分の湿地帯に押し込められたそうです。
 轟壕の中にある川の水は、糸洲の壕(ウッカーガマ)から流れ下ってきているので、狭い鍾乳洞で連結されているようです。
 修学旅行の平和教育で入壕する生徒が多い壕ですが、写真を見る限りヘルメット無しで入壕しているようです。
 入口に柵や鍵は無く、誰でも自由に入れるようですが、照明は無いのでヘッドライトか懐中電灯は必携です。                最終更新日:2016年12月。
 ・規  模:長さ約100m
 ・形  態:鍾乳洞
 ・使用者:地域住民,県庁関係者、警察関係者、陸軍
 ・遺  品:
 ・土  質:琉球石灰岩
 ① 「轟壕<カーブヤーガマ>」,沖縄の戦跡ブック『ガマ』,pp.98~99.,沖縄県高教組教育資料センター編集,2009年,ISBN978-4-903042-16-9
 ② 「轟の壕」,沖縄の戦争遺跡,pp.44~45,沖縄県平和祈念資料館編集,2007年,ISBN978-4-903042-14-5
 ③ [「轟壕」〔トドロンガマ・トルルシガマ・トロドンガマ〕],三和地区ガマ解説 ※詳しい見取り図の閲覧が可能です。
 ④ 沖縄地方のガマと特殊地下壕(防空壕)についての解説するページは、ここにあります。
(執筆・編集)地質情報整備活用機構