平成28年(2016年)熊本地震 復興支援 ボーリング柱状図 緊急公開サイト
 
ミラーサイト
 
主な留意点。   詳しくはこちらをご覧ください 凡  例
1. 背景図は,「国土地理院の地理院タイル」,「Google Mapsの道路地図」と「Google Mapsの複合地図(衛星写真+道路地図)」から選択できます。
2. 色別標高図(凡例)国土画像情報 は,国土地理院のウェブサイトから直接引用しています。
3. 地質図は,(国研)産業技術総合研究所の 20万分の1日本シームレス地質図)を利用しています。地質図の表示にクリックすると産総研の地質説明文を表示します。
4. 地質検索の場合,「しらす」,「まさ」,「ぼら」,「ほや」は ひらがな です。
5. キーワード検索の対象は 「ボーリング名」,「業務件名」,「事業者」,「調査者」,「調査終了期日」です。 キーワードは2語までとし, 半角または全角スペースで分離します。 
  例えば,「**工事事務所 **地質」などですが,いくつかのメタデータを開いてみて,登録状況を確認することをお勧めします。
6. 地質名・試験名称検索(AND検索)は「あいまい検索」です。 「シルト」の場合、砂質シルトやシルト混じり粘土などもヒットします。 用語は2語までとし,半角または全角
  スペースで分離します。
7. 地質名完全一致検索(単独)は「完全一致検索」です。 「シルト」と「砂質シルト」などを分離して検索します。 用語は1語のみです。
8. 掘削地点の住所は「市町村名」、「町丁名」や「字名」で指定します。 例えば「熊本市」、「益城町」や「南阿蘇村立野」などです。
  だだし,熊本市の「区名」は未登録で,「字名」は登録されていない場合もあります。
9. 「布田川-日奈久断層」については,産業技術総合研究所が公開している「活断層データベース(起震断層・活動セグメント)」を引用しました。
  ここに記載した留意点を必ずお読みください
10. 国土地理院:土砂崩壊箇所は,「平成28年熊本地震に関する情報(土砂崩壊地分布図について)」で公開されているKMLデータを使用しています。
11.ボーリングマーカーが表示されている時,任意箇所で右クリックすると半径約110mの円を表示し,円内の全ボーリングデータのリストを情報窓に表示します。
  リンクを設定してあるので柱状図を開くこともできます。
注記 オーバーレイコンテンツは,予告無しに更新する場合があります。
国土交通省(直轄公共事業)
熊本県(公共事業)
市町村
公共企業・団体,学会(不明含む)
未分類(大分県)

IPhon5/6専用サイト